IFCM eNEWS バックナンバー

12月1日号(2012年)

年の暮れのご挨拶……
 ……全世界の合唱団のみなさんに。合唱芸術界の澄んだ歌声により、平和への祈りが世界中に広まりますように。

次期総会
 会員のみなさんにお知らせです。IFCMは、2013年3月13日から16日まで、テキサス州ダラスで開かれるアメリカ合唱指揮者協会全国会議に参加いたします。わたしたちは、多くのIFCM会員をこのイベントにお迎えできればと願っています。ちょうど同時期に、2013年IFCM総会も開催されるからです。また、理事会と執行委員会も会議を開きます。執行委員会は3月10日、理事会は11日と13日、そして総会は12日です。詳しい情報は近く、正式な招待状とともにお届けいたします。

2012年12月9日 世界合唱の日 
 昨年のこの祭典では、1万1千人の合唱団員が7万人以上の観客を前に歌いました。また、オスロでのノーベル平和賞授賞式と同じく、多くの人がフィリピンからテレビ放映された数々のイベントを見たことは言うまでもありません。実に313もの合唱団がIFCMの以前のウェブサイトにそのコンサートを登録し、およそ300時間分もの合唱音楽が2011年世界合唱の日に捧げられたのです。合唱音楽という芸術がどれほど偉大なものか、“連帯”という目標に向けわたしたち合唱音楽家に何ができるか、それを世界に示すために、また、歌う歓びをわたしたち自身が思い出すために、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカがともに歌ったのでした。
 みなさん、今年もまたぜひご参加を! ほんの数分、時間を割いて、みなさんの合唱団のイベントを www.worldchoralday.org で登録し、写真や動画をアップロードしてください。わたしたちはともに発展することができるのです!

2015年以降の世界青少年合唱団 主催者募集
 もしもあなたが文化機関や合唱団体の仕事に従事していて、その事業内容が青少年、教育、国家遺産、異文化交流等に重きを置くものなら、世界青少年合唱団(WYC)をあなたの国で開催するとよいかもしれません。その理由は? 世界青少年合唱団は、意欲的レパートリーと世界に名立たる指揮者とともに、きわめて質の高い若手演奏家の音楽を披露する場だからです。また、世界青少年合唱団とは、(1996年に「ユネスコ平和芸術家」の称号を得たことからもわかるとおり)平和をめざすプロジェクトであり、教育的プロジェクトでもあります。そこでは、各コンサートの観客、地元の学校や合唱団の人々が出会い、文化的価値を交換し、40以上もの異なる国や文化圏の歌手たちから学ぶことになるでしょう。では、応募方法は? 全企画を包括する簡潔な計画書と予算案とを含む意向書を、来年5月1日を過ぎないよう、なおかつ、ご希望の開催時期の2年前までに、manager@worldyouthchoir.orgにご提出ください。
 詳しくは、「世界青少年合唱団」主催に関するガイドラインを、www.worldyouthchoir.org でご確認ください。予算案と契約書のサンプルもこちらでごらんいただけます。
 どうぞ下記のサイトで、このプロジェクトと触れ合ってみてください。
 www.worldyouthchoir.org  http://vimeo.com/channels/wyc,
 http://www.youtube.com/user/worldyouthchoir09?feature=mhee
 https://www.facebook.com/worldyouthchoir 

ヨーロッパ合唱連盟の新しい理事
 ヨーロッパ合唱連盟-ヨーロッパ・カンタートは、理事会での九年の任期を終えたSante Fornasier の後継者として、ハンガリーのGábor Móczár(ガボー・モーツァル) が理事長に選出されたことをご報告します。
 このたび当連盟の総会で、ヨーロッパの12の国から以下の13名の理事が選出されました。Gábor Móczár(理事長・ハンガリー)、Carlo Pavese(第1副理事長・イタリア)、Jan Schumacher(第2副理事長、音楽委員会委員長・ドイツ)、Anneliese Zeh(第3副理事長・オーストリア)、Koenraad de Meulder(財務担当理事・ベルギー)、Séverine Delforge(ベルギー)、Martí Ferrer(スペイン)、 Guido Helbling (スイス)、Reijo Kekkonen (フィンランド)、Victoria Liedbergius(ノルウェー)、 Kaie Tanner(エストニア)、 Jean-Claude Wilkens (フランス)、Daphne Wassink(オランダ)。
 また、総会では、今後数年間にわたるさまざまな活動プログラムが承認されました。そのなかには、ヨーロッパ11カ国の14の団体によるEU後援の大共同プロジェクト、VOICE(Vision On Innovation For Choral Music In Europe)の一環として催される多種多様なイベントも含まれています。
 新理事はIFCMの戦略にさらに磨きがかかるよう努めていきます。また、ヨーロッパ合唱連盟は、2014年および2015年のさまざまな活動プログラムを提案する予定です。2015年、ハンガリー、ペーチで開催されるヨーロッパ・カンタート・フェスティバルもそのひとつです。

国境なき指揮者団
キンサシャ(コンゴ民主共和国)とリーブルビル(ガボン)における前進
 IFCMのプロジェクト、国境なき指揮者団のコーディネーター、ティエリ・ティボーがアフリカでのふたつの役目を終えて、帰ってきました。
 10月9日から13日まで、コンゴ合唱連盟は、ア・クール・ジョア・インターナショナルやIFCMと共同で、キンサシャにて合唱指揮者養成の講習会を開きました。基礎コースで学んだ新規の学生は20名。すでに基礎コースを修了していた10名の学生は、指揮法と指導法において著しい進歩を見せ、現在これらの学生のうち5名が第3段階に進むレベルに達しています。
 また、音楽的に力のある45名ほどの合唱団が作られることになったのも、このプロジェクトがあったためです。この合唱団はおそらく国立合唱団の前身となってくれることでしょう。なお、10月末に、この合唱団は、ルプウィシ・ムヤンバ氏の力添えにより、キンサシャで開かれる第4回アフリカ連合文化相会議で演奏することになっています。
リーブルビルにおける合唱指揮者の講習会は、2012年10月23日から28日まで、ガボン・ア・クール・ジョア・フェデレーションが、ア・クール・ジョア・インターナショナル、IFCM、および、リーブルビルのフレンチ・インスティテュートと共同で開きました。15名の受講生が基礎コースで学び、そのうち4名は入門レベルの修了証を授与されています。講習の内容はつぎの5項目に重点を置いたものでした。音楽理論と和声原理の基礎の強化、発声学、指揮の基本テクニック、スコア分析、合唱団の前でなすべきこととリハーサルの組み立てかた。講習期間の最後には、2013年1月にアンヌ‐マリー・キャビュ(フランス、ラ・シガール・ド・リヨン児童合唱団)が行うセミナーの準備として、25人の子供たち(7歳から13歳)のためにふたつの体験セミナーが開かれました。
この他にもまだ、聖歌隊員のための声のトレーニングが必要とされています。こちらもまた、合唱指揮者のための講習会に準じ、IFCM「国境なき指揮者団」プログラムの定めたかたちで行われる予定です。

11月1日号(2012年)

第10回世界合唱シンポジウム 参加合唱団募集
 第10回世界合唱シンポジウムの参加申し込み受付けが始まりました。みなさんもこの世界一権威ある合唱イベントで演奏し、一流の音楽家たちのなかでスリルと興奮を分かち合いませんか? 国際合唱連合と世界観光機関ST-EP財団は、韓国合唱連盟(KFCM)の協賛により、第10回世界合唱シンポジウムを2014年8月7日から14日まで韓国ソウルにて開催の予定。現在、メイン・イベントのコンサートで演奏する合唱団を募集しています。申し込み用紙は、 http://www.ifcm.net/からダウンロードできます。ご記入のうえ、選考用資料とともに下記のところへお送りください。

 • IFCM, PO Box 42318 Austin TX 78704, USA (あらかじめ、 office@ifcm.netにEメールし、書類を送る旨を ナディーン・ロビン(Nadine Robin)にご連絡ください)
 • 電子文書の資料は直接、 office@ifcm.netに送ることができます。

あなたの国で第11回世界合唱シンポジウムを開催しませんか?
 目下、合唱界は韓国開催の第10回世界合唱シンポジウムの話で持ちきりです。これは非常に喜ばしいことですが、IFCMの仕事に終わりはありません。わたしたちはいま、ソウルの次の大会、2017年世界合唱シンポジウムの開催地に立候補してくれる都市をさがしています。
2017年、第11回世界合唱シンポジウムの開催都市/開催国募集のお知らせ、および、募集要項は、www.ifcm.netからダウンロードできます。

世界合唱の日
 来月、12月の第2日曜日に、IFCM「世界合唱の日」がふたたびめぐってきます。わたしたちは、今年のテーマ「連帯」が人々を動かし、合唱を通じてよりよい世界が築こうという機運が高まることを願ってやみません。
 どうか忘れずに、みなさんの合唱団のイベントを登録なさってください。www.ifcm.netのリンク先、www.worldchoralday.org でフォームに記入するだけで、登録は完了です。これによって、みなさんの合唱団の存在が全世界に示され、また、すべての合唱団の心がひとつに結ばれることでしょう。ご登録いただいたイベントの際には、「世界合唱の日」のメッセージが世界中に届くよう、指定された声明文を読みあげていただければ幸いです。
 フォームにはなるべく予想観客数を書き込むようお願いいたします。わたしたちはこの祝祭のおおよその参加者数を把握したいと思っています。また、新しいミニ・サイトには、写真や動画をアップロードすることもできます。それに関するご説明は、参加のご登録をいただいた後にお送りいたします。
 IFCMのリニューアルの一環として、「世界合唱の日」は、会員のみなさん、および、世界の合唱界のために、まったく新しいウェブサイトと新たなサービスを提供すべく第一歩を踏み出しました。
 詳しくは、project.manager@worldchoralday.orgにお問い合わせください。

地中海地域 ヴォイス・カンファレンス
 次のヴォイス・カンファレンスは、2013年7月29日から8月2日まで、カタルーニャ州ジローナ(スペイン)で行われます。3つの大陸に囲まれ、いくつもの豊かな音楽文化を結びつけている地中海地域。その声楽と合唱の伝統を概観することができるという意味で、このカンファレンス兼フェスティバルはユニークなものです。指揮者、作曲家、音楽学者、合唱歌手、合唱ファンが世界中から招かれ、この特別なイベントに参加します。主催団体は、カタルーニャ合唱運動(バルセロナ)、ヨーロッパ合唱連盟 ヨーロッパ・カンタート実行委員会、そしてIFCMです。
 詳細は、www.mcc.catをごらんください。
 参加申し込み締切りは、2013年4月30日です

IFCM国際作曲コンクール
 2012年IFCM国際作曲コンクールには、なんと世界各地から600作品ものエントリーがありました。これもまた、数々の新たな試みによりIFCMが正しい方向に向かっている証拠と言えるでしょう。
 今後数週間以内に選考作業が始まり、結果は2013年2月に発表される予定です。
 審査には、審査委員長のグラハム・ラック(英国-ドイツ)をはじめ、ポール・スタンホープ(オーストラリア)、リビー・ラーソン(アメリカ合衆国)、オリー・コーテカンガス(フィンランド)、ジョン・オーガスト・パミンチュアン(フィリピン)があたります。

世界青少年合唱団2012
 世界青少年合唱団2012の夏の大会は8月にキプロスで開催され、30カ国以上の国々から80名を超える若い歌手たちが参加しました。
 当合唱団は、ヨーロッパ合唱連盟 ヨーロッパ・カンタート実行委員会、青少年音楽国際連合(JMI)、および、国際合唱連合(IFCM)が後援しています。
 運営は「世界青少年合唱団」財団の理事会が行っており、IFCMの代表はアールネ・サルヴェールとホーカン・ヴィクストレムが務めています。
 理事会は大会と同時期にキプロスで会議を行い、開催中の大会に立ち会ったうえ、今後の大会のプランを練りました。
 2013年の開催国はまだ決まっていませんが、2014年の大会はクロアチアで開かれる予定です。現在の経済状況では、これらのイベントの開催国を見つけることは非常に困難ですが、理事会は2013年の開催国が一刻も早く決まるよう鋭意努力しています。

IFCM入会キャンペーン
 どうか身近にいる合唱仲間にIFCMへの入会を勧めてください。いま、IFCMではさまざまな新しい企画が進行中です。会員になるのにもってこいの時期ですね。世界の合唱界の大きなうねりを一緒に体感しませんか?

ご意見募集
 グローバルな合唱界について何かご意見はありませんか? また、あなたの属する合唱界のために、IFCMにもっとできることはないでしょうか? アイデア、ご提案等ありましたら、ぜひお寄せください。IFCMのホームページwww.ifcm.net の“HAVE YOUR SAY”からどうぞ。

第7回国際合唱指揮者コンクール
 2013年4月3日から7日まで、ロシア、サンクト・ぺテルブルグにて、第7回国際合唱指揮者コンクールが開催されます。
 このコンクールへの参加資格があるのは、1978年4月1日から1995年4月1日のあいだに生まれた若手の音楽家です。お申し込みは、Eメールで ceec@eca-ec.orgまで。締切りは2012年11月30日です。 詳細はwww.interfestplus.ru/enをごらんください。

10月1日号(2012年)

あなたのデザイン力は?
 IFCMは目下、大がかりなリニューアルを敢行中。世界唯一の非営利的な国際的上部合唱機関、「国際合唱連合」のニュー・イメージを的確に表す斬新でフレッシュな新しいロゴを募集しています。何かアイデアがありましたら、ぜひスケッチしてご応募ください。応募作品はすべて受領し、審査させていただきます。 

IFCMの新しいロゴのデザインを
 選ばれたロゴの作者には、一年間、無料でIFCMの会員資格を提供いたします。また、IFCMの機関誌“ICB”とIFCMのホームページに謝辞を掲載させていただきます。ただしロゴの著作権は、IFCMに永久的に無償で委譲していただくことになりますので、あらかじめご了承ください。 応募作品はご連絡先を添えて、PDFまたはjpeg形式で、次のいずれかにお送りください。
  stephen_leek@hotmail.com
  www.ifcm.net “HAVE YOUR SAY” からIFCM事務局へ

第10回世界合唱シンポジウム 合唱団募集
 日取りは決まり、会場の予約もすみ、現在、芸術委員会は、きわめてレベルの高い革新的かつ刺激的な見本とすべき合唱団を世界中から募集しています。すでにご存じのように、次の世界合唱シンポジウムは2014年8月7日から14日まで韓国のソウルで開催されますが、それを最高のものとするために、合唱界はみなさんの力を必要としています。いますぐ行動を起こしましょう!  上記のような合唱団、斬新なアイデア、優れた合唱プログラムをお持ちで、第10回世界合唱シンポジウムにご自身の団を参加させたいというかたは、10月にIFCMのホームページで募集要項をご確認ください。申し込み期限は今年いっぱいとし、その時点で詳細を発表する予定です。 ソウルでの滞在等に関する情報は、www.ifcm.net からダウンロードできます。

世界合唱の日 - 参加登録はおすみですか?
  "Solidarity-連帯”が2012年の「世界合唱の日」のテーマです。今年の「世界合唱の日」は12月9日で、その前後に企画されるすべての合唱イベントは、人的あるいは自然災害によって被害を受けている世界中のすべての人々と合唱という形での「連帯」を表現し、支援していきたいと思います。  まもなくIFCMの公式ページwww.ifcm.net に、簡易登録ができるようになる予定です。ぜひ、ご自身で企画した「世界合唱の日」イベントを書き込んでみてください。全世界へ、あなたのイベントを告知することができます。また、「世界合唱の日」公式ロゴと指定され声明文もそのページからダウンロードできますので、チラシなどにご利用ください。できれば、この「世界合唱の日」声明文を、イベントの中で読み上げていただきたいと思いますが、一番大事なことは、この「世界合唱の日」の平和のメッセージを世界中に届けることです。  IFCMは、《合唱》という共通の活動を通じて、文化も言葉も違う人と人をつなぎ、国際平和へ貢献することを目的としています。そして、将来的には国際連合のイベントとして活動していくことを目指しています。だからこそ、多くの方々の参加をお待ちしております。もし、このイベントに賛同いただける場合は、コンサートイベントの写真や詳細をproject.manager@worldchoralday.org までお送りください!

※日本語版の「世界合唱の日」声明文はhttp://www.jcanet.or.jp/inter/nav-wcd.htmlよりダウンロードできます。ぜひ活用ください! 

世界青少年合唱団がキプロスで大勝利!
 今夏、キプロスというエキゾチックな美しい土地で、世界青少年合唱団がそのすばらしい音楽を観客と分かち合い、感動を広めました。世界各地から集まった歌手たちがキプロス青少年管弦楽団と一体となり、個性あふれる指揮者、Cecilia Rydinger Alin氏の卓越した指導のもとで練習に励んだすえ、ハイレベルな演奏を披露したのです。世界青少年合唱団のよき伝統を受け継ぎ、歌手たちは強い友情と音楽を通した絆を築きあげました。そして、このプロジェクトに注がれた彼らのプロ精神は、みごとな実を結んだのです。世界青少年合唱団2012、よくやった!
www.worldyouthchoir.org www.facebook.com/worldyouthchoirwww.youtube.com/worldyouthchoir09

あなたの国で第11回世界合唱シンポジウムを開催しませんか?
 目下、合唱界は韓国で開催される第10回世界合唱シンポジウムの話で持ちきりです。これは非常に喜ばしいことですが、IFCMの仕事に終わりはありません。わたしたちはいま、ソウルの次の大会、2017年の世界合唱シンポジウムの開催地に立候補してくれる都市をさがしています。
 2017年、第11回世界合唱シンポジウムの開催地募集に関する情報は、2012年10月にIFCMのホームページで発表いたします。開催都市/開催国の条件も詳しくお知らせしますので、どうかごらんください。

アメリカ・カンタート
 第7回アメリカカンタートフェスティバル "America Cantat a la Vida"は、コロンビアの首都ボゴタにて2013年3月22日から30日までの開催です。南アメリカおよび世界中で活躍中の講師陣による魅力的なプログラムを企画中です。予定されている講師とワークショップは次のとおり。
  Luimar Arismendi(ベネズエラ/児童合唱・青少年合唱のためのラテン・アメリカ作品)、Mark Anthony Carpio(フィリピン/上級者向け合唱指揮クラス)、Elise Bradley(カナダ/児童合唱・青少年合唱のための世界の合唱作品)、Jorge Córdoba Valencia(メキシコ/合唱のための音楽理論)、Julián Gomez G(コロンビア/コロンビアの無伴奏混声合唱曲)、Digna Guerra Ramírez(キューバ/新しいキューバ音楽)、Robert A. Harris(コロンビア/スピリチュアルとゴスペル)、 Ricardo Portillo(アルゼンチン/タンゴ、クエカ、カンドンベ ※1)、Jorge A. Salazar(コロンビア/交響楽の合唱作品)、Hiran Santos Monteiro(ブラジル/ブラジルのポップ・ミュージック)、Silvana Vallesi(アルゼンチン/新しいアプローチによる現代のサウンド)、Josep Vila i Casañas(スペイン/12世紀ヨーロッパのマドリガル)、Alejandro Zuleta(コロンビア/コモン・シンギング ※2)
  なお、IFCM会員は、参加料の割引が受けられますので、社団法人コロンビア合唱・オーケストラ協会までお問合わせください!
  Corporación Coral y Orquestral de Colombia
  Email: info@america-cantat.org
  ホームページ www.america-cantat.org

※1 クエカ=ボリビア、チリ、アルゼンチンの8分の6拍子の舞曲。カンドンベ=ウルグアイ発祥の太鼓を元にした音楽様式
※2 コモン・シンギング=会期中毎日開催する、アメリカ大陸の合唱レパートリーを用いた全員参加型の1時間のワークショップです。

IFCM会員更新
 IFCMの仕事は必ずしも目立ったものではありません。さまざまな企画を実現させたり、人材や組織を結びつけたり、あらゆる合唱団のために機会を作ったり、IFCMのボランティア・チームは会員のみなさんのために舞台裏で日々懸命に働いています。会員のみなさんがいなければ、わたしたちは合唱界をひとつにするこの組織を維持することはできません。あなたが会員であることは、合唱界にとって、また、IFCMにとって、重要なことなのです。
 2012年度IFCM会員資格の更新がまだお済みでないかたは、いまからでもまだ間に合います。お手続きは簡単……www.ifcm.net/renew2012 からすぐにできます。2012年度の会費請求書がお手元に届いていない場合は、お気軽に事務局office@ifcm.netまでお問い合わせください。“合唱界を繋げる”IFCMの大切な活動のために、引きつづき、みなさんのご支援をお願いいたします。

IFCM入会キャンペーン
 どうぞ身近にいる合唱仲間にIFCMへの入会をお勧めください。いま、IFCMでは様々な新しい企画が進行中です。会員になるにはもってこいの時期ですね。世界の合唱界の大きなうねりを一緒に体感しませんか?

ご意見募集
 グローバルな合唱界について何かご意見はありませんか? また、あなたの属する合唱界のために、IFCMにもっとできることはないでしょうか? アイデア、ご提案等ありましたら、ぜひお寄せください。IFCMのホームページwww.ifcm.net の“HAVE YOUR SAY”からどうぞ。

9月1日号(2012年)

第2回IFCM国際作曲コンクール
 第1回IFCM国際作曲コンクールの受賞作品の受賞コンサートから1年、まもなく第2回IFCM国際作曲コンクールの締め切りが近づいています。第1回作曲コンクールの審査委員長であるGraham Lack氏は、このコンクールに関し、国際合唱連合の機関誌“International Choral Bulletin”4月号に、次のようにコメントを寄せています。
  「第1回コンクールを審査した際に、われわれ審査員は、応募作品に2つの傾向があったように思いました。少数の応募作品に見られたのが、言葉と言葉のつながりを大切にし、歌詞を活かすことで、音楽の表情を盛り上げていく作品──それぞれの音が、言葉ひとつひとつに忠実に寄り添い、計算しつくされた作曲技法を伴うことで、合唱の響きの中に鋭い聴覚イメージとなって表現されていく。そういった「言葉」と「音」とのつながりの重要性を理解している作品です。しかし一方で、多くの応募作品には、根本的な欠陥がありました。それは知識不足あるいは音域と声域に関する経験不足からくるものでしょう。変に感傷的な音の世界。事実上不可能なスコア表示。声部進行の処理のまずさ。そして驚くほど頻繁に見られたのが、明らかに調性がある部分での禁則処理の過多的表現と論理性のない楽曲形式。等などです。」  この文章は、合唱作品のための作曲技法と出会った問題点を要約し、このコンクール、あるいは、ほかの作曲コンクールの審査員が何を求めているかを将来の応募者にいくつかのアドバイスを与えていると思います。
  作曲家のみなさん、この権威のある作曲コンクールの締切は2012年10月1日です。詳しくは次のURLをごらんください。 http://icb.ifcm.net/?page_id=324 

第10回世界合唱シンポジウム 招待合唱団応募
  次の世界合唱シンポジウムは2014年の8月7日から14日まで、韓国・ソウル特別市での開催です。招待合唱団としてエントリーしたい場合は、10月にIFCMのホームページをご確認ください。締め切りや募集要項に関しても、その際お知らせ致します。 また、2017年に開催予定の第11回世界合唱シンポジウムに関しての情報も、同時にお知らせする予定です。要項・詳細なども合わせて発表予定です。
  なお、ソウルでの滞在・交通などに関する情報については www.ifcm.net からダウンロードできますのでごらんください。

世界合唱の日
  "Solidarity-連帯”が2012年の「世界合唱の日」のテーマです。今年の「世界合唱の日」は12月9日で、その前後に企画されるすべての合唱イベントは、人的あるいは自然災害によって被害を受けている世界中のすべての人々と合唱という形での「連帯」を表現し、支援していきたいと思います。
 まもなくIFCMの公式ページ( www.ifcm.net )に、簡易登録ができるようになる予定です。ぜひ、ご自身で企画した「世界合唱の日」イベントを書き込んでみてください。全世界へ、あなたのイベントを告知することができます。また、「世界合唱の日」公式ロゴと指定され声明文もそのページからダウンロードできますので、チラシなどにご利用ください。できれば、この「世界合唱の日」声明文を、イベントの中で読み上げていただきたいと思いますが、一番大事なことは、この「世界合唱の日」の平和のメッセージを世界中に届けることです。
  IFCMは、《合唱》という共通の活動を通じて、文化も言葉も違う人と人をつなぎ、国際平和へ貢献することを目的としています。そして、将来的には国際連合のイベントとして活動していくことを目指しています。だからこそ、多くの方々の参加をお待ちしております。もし、このイベントに賛同いただける場合は、コンサートイベントの写真や詳細を project.manager@worldchoralday.org までお送りください!
 ※日本語版の「世界合唱の日」声明文は http://www.jcanet.or.jp/inter/nav-wcd.html よりダウンロードできます。ぜひ活用ください!

アメリカ・カンタート
 第7回アメリカカンタートフェスティバル "America Cantat a la Vida"は、コロンビアの首都ボゴタにて2013年3月22日から30日までの開催です。南アメリカおよび世界中で活躍中の講師陣による魅力的なプログラムを企画中です。予定されている講師とワークショップは次のとおり。
  Luimar Arismendi(ベネズエラ/児童合唱・青少年合唱のためのラテン・アメリカ作品)、Mark Anthony Carpio(フィリピン/上級者向け合唱指揮クラス)、Elise Bradley(カナダ/児童合唱・青少年合唱のための世界の合唱作品)、Jorge Córdoba Valencia(メキシコ/合唱のための音楽理論)、Julián Gomez G(コロンビア/コロンビアの無伴奏混声合唱曲)、Digna Guerra Ramírez(キューバ/新しいキューバ音楽)、Robert A. Harris(コロンビア/スピリチュアルとゴスペル)、 Ricardo Portillo(アルゼンチン/タンゴ、クエカ、カンドンベ ※1)、Jorge A. Salazar(コロンビア/交響楽の合唱作品)、Hiran Santos Monteiro(ブラジル/ブラジルのポップ・ミュージック)、Silvana Vallesi(アルゼンチン/新しいアプローチによる現代のサウンド)、Josep Vila i Casañas(スペイン/12世紀ヨーロッパのマドリガル)、Alejandro Zuleta(コロンビア/コモン・シンギング ※2)
  なお、IFCM会員は、参加料の割引が受けられますので、社団法人コロンビア合唱・オーケストラ協会までお問合わせください!
  Corporación Coral y Orquestral de Colombia
  Email: info@america-cantat.org
  ホームページ www.america-cantat.org

※1 クエカ=ボリビア、チリ、アルゼンチンの8分の6拍子の舞曲。カンドンベ=ウルグアイ発祥の太鼓を元にした音楽様式
※2 コモン・シンギング=会期中毎日開催する、アメリカ大陸の合唱レパートリーを用いた全員参加型の1時間のワークショップです。

レポート
○アフリカ・ユース・クワイア2012
 若きアフリカの歌い手たちが、アフリカ大陸中からコートジボワール最大の都市アビジャンに集まり、アフリカ・ユース・クワイアの1週間のリハーサルセッションを行いました。カメルーン、ガボン、セネガル、トーゴ、コートジボワール、そしてコンゴから、16歳から26歳までの30名の若者が集いました。2012年の指揮者は、初代コンゴ合唱協会会長であり、京都国際合唱シンポジウムの招待合唱団でもある合唱団ラ・グラース指揮者、Ambroise Kua Nzambi Toko(アンブロワーズ・クア・ンザビ・トコ)氏。アフリカ音楽ならではの音楽表現・発声法・パフォーマンスなどに重点を置いたリハーサルが行われました。歌い手ひとりひとりが、文化環境や音楽表現の違いを認め合い、互いにその価値を尊重しあいながら、合唱の技術を切磋琢磨しました。詳しい情報はアフリカ・ユース・クワイアのウェブサイトをご覧ください。
http://www.africanyouthchoir.org/  

○ヨーロッパ・カンタート2012
 ヨーロッパの合唱の祭典「ヨーロッパ・カンタート2012」、今回の舞台はイタリア・トリノ市。10日間の日程で、トリノ市の街角や教会やコンサートホールを、4,000人の参加者、900人のゲストアーティスト(ソリストやオーケストラ奏者など)、約200人の特別ゲストなど、総勢5,500人の合唱人が埋め尽くしました。  下記のURLに写真や映像を公開しておりますので、ぜひごらんください。
 ホームページ http://en.ectorino2012.it/multimedia
 Facebook http://www.facebook.com/ectorino2012
 Twitter @ectorino2012
 Youtube ectorino2012
 なお、次回のヨーロッパ・カンタートはハンガリー南西部の都市ペーチ(Pécs)で開催します。詳しくは http://ecpecs2015.hu/ で。

○IFCM会員更新
 2012年度のIFCM会員の更新手続きが www.ifcm.net/renew2012 で簡単にできます。まだ2012年度の更新手続き書がお手元にない場合は、お気軽に事務局 office@ifcm.net までお問い合わせください。今すぐ更新して、国際合唱連合の機関誌“International Choral Bulletin”や、ifcm.net の会員限定サイトにて、世界の合唱事情をチェックしてみてください。世界の合唱と繋がる! ひきつづき、世界合唱連合(IFCM)の活動をどうぞご支援ください。

○IFCM入会キャンペーン
 どうぞ身近にいる合唱仲間にIFCMへの入会をお勧めください。いま、IFCMでは様々な新しい企画が進行中です。会員になるにはもってこいの時期ですね。世界の合唱界の大きなうねりを一緒に体感しませんか?

8月1日号(2012年)

IFCM30周年を祝う
国際合唱連合(IFCM)は1982年8月にベルギーのナミュールで設立されました。みなさんのコンサートのひとつをこの特別なイベントに捧げ、30周年を祝うIFCMの一員となって、世界の合唱界との繋がりを築いてみませんか? 今回はIFCMのスペシャル・ロゴが www.ifcm.net で利用可能です。

第10回世界合唱シンポジウム
すぐに、カレンダーに印をつけてください! 第10回世界合唱シンポジウムが、韓国・ソウル市で2014年8月7日から14日にかけて、韓国国立劇場をメイン会場として開催されます。ソウルのUNWTO ST-EP財団がIFCMと共に、この重要なイベントを主催します。招待合唱団ならびに講師への応募方法については後日お知らせします。最新情報は http://wscm10.com/ に掲載されます。

第2回IFCM国際作曲コンクール
このコンクールは、創作活動を促進し、新しく革新的で利用しやすい合唱作品を提供することを目的としています。このコンクールは国籍・年齢を問わずに応募できます。応募作品は8分以内のアカペラの混声合唱作品(混声四部=SATB=で、最大8パートのdiv.まで可=SSAATTBB=)であること。歌詞は、任意の言語で、宗教または非宗教のどちらの内容でも、あるいはそれ以外の内容でも結構です。ただし、既存の歌詞を使用する場合はパブリック・ドメイン(著作権が消滅している)のものである必要があります。もし、そうでない場合には、作者または著作権者から書面で許諾をもらって、申込書に必ず添付してください。一人の作曲者につき、2作品まで応募ができます。応募締切は2012年10月1日(必着)。参加費は不要です。コンクールの規定は icb.ifcm.net/?page_id=314 をごらんください。締切は10月1日です! 
なお、申込書は icb.ifcm.net/?page_id=324 からダウンロードできます。

世界合唱の日
毎年12月の第2日曜日に、世界合唱の日(WCD)を祝っています(今年は12月9日)。2012年のテーマは“連帯”。その日またはその前後にWCDのために開かれるすべての合唱イベントは、人的あるいは自然災害で苦しんでいるすべての人々と共に連帯し集団での表現を築きあげることでしょう。
まもなくIFCMのサイト(www.ifcm.net)に公開される、簡単な入力フォームに書き込むだけで、WCDに参加することができます。入力にかかる時間はたったの5分ですが、全世界にあなたのイベントが表示されるようになります。WCDのロゴと声明文は同じサイトからダウンロードできます。声明文はイベントの中で読み上げていただき(読み上げることが必須ではありませんが)、全世界の人々にWCDのメッセージを伝えてください。イベント終了後に、報告書と写真を何点かお送りいただければ幸いです。
ご質問がありましたら、project.manager@worldchoralday.org までどうぞ。

世界青少年合唱団(WYC)
世界青少年合唱団2012が8月7日から9月1日までの間、キプロス共和国で開催されています。WYC財団とキプロス交響楽団財団・キプロス青少年管弦楽団の協力、ならびに欧州連合のキプロスの大統領によるサポート(文化省主催2012年度文化事業)に感謝します。WYCはスウェーデンのCecilia Rydinger Alin氏の指揮でアカペラ作品を、キプロスのAyis Ioannides氏の指揮とキプロス青少年管弦楽団の伴奏で作品を演奏します。

IFCM入会キャンペーン
あなたの周りにIFCMの会員になるべき人をご存じではありませんか? 新しいことが展開されているIFCM ─ 今がその人たちをIFCMに誘う絶好の機会です。世界中で何が起こっているかを知らせるために。

7月1日号(2012年)

“声のハーモニー” – IFCM 世界合唱サミット
ICFM 世界合唱サミットが2012年 7月15日-22日に北京で開催されます。世界各国から 集う30名の代表的な合唱者たちと合唱の未来に向けてアイデアや想いを共有できる最 高のチャンスです。5つの大陸を代表する合唱団が中国の合唱団と舞台に立ち、合唱 芸術の重要性をアピールします。IFCMの世界合唱サミットと同時に開催される第 11回 中国国際合唱祭は中国で最も栄えあるコンクールやワークショップの他、中国の一流の 合唱団を聴くまたとないチャンスでもあります。ぜひ、北京で一緒に合唱を楽しみまし ょう。www.ifcm.net

第2回 IFCM 合唱曲作曲コンクール
IFCM合唱曲作曲コンクールの締切が近づき、新たな合唱の発見が期待される中、応募作品は続々と届いています。もしもあなたの周りにまだこの注目のイベントをご存じない作曲家がいらっしゃったら、まだ作品のご応募まで時間はあります。才能ある作曲家ならば年齢を問わず、その作品をフィリピン・マドリガル・シンガーズやVOCES 8のような素晴らしい合唱団が演奏し、しかも合唱界で国際的に認められることができます。締切は2012年10月1日。詳しくは:www.icb.ifcm.net

IFCM理事会、イタリア、レニャーノで開催
第21回国際合唱祭 “ラ・ファブリカ・デル・カント”は、先月の6月、イタリアでIFCM理事会を主催しました。フランチェスコ・レオナルディ氏と彼のスタッフにはIFCMの支援に対し厚くお礼申しあげます。この合唱祭にはスウェーデン、チェコ、ラトヴィア、ハンガリー、スペイン、トルコ、イギリス、ドイツからの合唱団がそれぞれの国を代表して参加しました。もちろんイタリアの合唱団も。

世界合唱の日
あなたの合唱団は世界中が合唱を祝して歌うこの日にもう参加の申し込みをされましたか? 2012年12月9日の前後に演奏会を開いて宣伝し、世界中の仲間とともに分かち合いませんか? 詳細は: www.ifcm.net

2014年韓国の世界合唱シンポジウムに向けての準備
まだまだ先のことのように思われるかもしれませんが、あなたの合唱団をこの世界で最も高い評価を得ている合唱の祭典に応募することを考えてみたことはありませんか? 今年の終盤に開始される募集に向けてオーディションに必要なレパートリーや資料を準備するのは今です。合唱界の最高峰とも言われる祭典の準備は着々と進んでいます。最新情報は、これからもIFCM eNEWSで随時オーディションや韓国、ソウルのシンポジウムについてお伝えしていきますのでお見逃しなく。
今すぐカレンダーに日程を書き込みましょう。 2014年8月7日‐14日です。
www.wscm10.com からも随時情報を入手できます。

APYC2012 アジア・パシフィック・ユース・クワイア
アジア・パシフィック・ユース・クワイアは北京で開催されるIFCM世界合唱サミットで演奏するため7月10日より天津でリハーサルを開始します。APYC は地域の若い歌い手が一同に会し、国際交流と同時に最高レベルの演奏を共有できる場です。2年目を迎えたAPYC は光栄にも客演指揮者として韓国のHakwon Yoon氏をお迎えいたします。詳しくは: http://www.jcanet.or.jp/ap-youth/index.html

6月1日号(2012年)

開催まであと6 週間!!! 
世界合唱サミット 7月 15 日~ 21日、 北京

世界の合唱スケジュールの中でも重要なイベントの準備が最終段階に入る中、各国の5つの招待合唱団はリハーサルを行い、 講演原稿は中国の仲間のための翻訳作業が進んでいます。世界合唱サミットの予約はもう済まされましたか。 詳細は http://en.cicfbj.cn から!

IFCM委嘱作品の初演
世界合唱サミット初日の7月15日、オープニング・コンサートでIFCMがオーストラリア人作曲家ダン・ウォーカーに委嘱した作品の初演を聴くことができます。作品名は「鳥の魅力」オーストラリアの先住民族の言語を象徴的に自然界の鳥が表し、それらが歌で一体となります。シドニー在住のダン・ウォーカーは合唱のスペシャリストとして注目され、数々の合唱曲を様々な年齢層のために書いてきた人気の作曲家。楽譜は北京で招待合唱団による合同演奏終了後、IFCM会員向けにホームページから購入できます。

第2回IFCM 国際合唱曲作曲コンクール
この作曲コンクールは、合唱音楽の将来に向けて策新的で活発な発展に寄与することを目的としたIFCMの新たな試みとして進められています。その中でIFCMは作曲家への支援と育成を試み、新しい合唱作品に注目していきたいと考えています。
この栄えあるコンクールの審査には:グラハム・ラック(ドイツ・英国/審査委員長)、リビー・ラーセン(アメリカ)、オリー・コーテカンガス(フィンランド)、ジョン・パミンチュアン(フィリピン)、ポール・スタンホープ(オーストラリア)があたり、最も興味深く、感動的な楽曲を探し求めていることは確実です。
IFCMのホームページwww.ifcm.netからコンクールのチラシをダウンロードし、皆さまの友人、知人や周りの作曲家に配布してください。ご応募お待ちしています。

お問い合わせ

一般社団法人 全日本合唱連盟 国際委員会事務局
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社内
TEL 03-5540-7813 FAX 03-3544-1964
e-mail:
intnl