第7回 JCAユースクワイア コンサート

=入場券好評発売中!=

 全国から集まった若き合唱人による《第7回JCAユースクワイアコンサート》が3月17日(土)に島根県松江市で開催されます。
 第7回は今年独立100周年を迎えるリトアニアから、作曲家としても著名なヴィタウタス・ミシュキニス氏を指揮者に迎え、ミシュキニス氏自身の作品などバルト三国の音楽を披露します。

【公演概要】
◇日 時  2018年3月17日(土) 14:00開演(13:30開場)
◇会 場  松江市総合文化センター プラバホール
        (島根県松江市西津田6丁目544) アクセス
◇入場料  前売り1,000円 当日1,200円(全自由席)
◇指 揮  Vytautas Miškinis(ヴィタウタス・ミシュキニス/リトアニア
◇合 唱  JCAユースクワイア
◇賛助出演 松江プラバ少年少女合唱隊
◇主 催  全日本合唱連盟、朝日新聞社
◇共 催  松江市、松江市教育委員会、NPO法人松江音楽協会
◇後 援  リトアニア共和国大使館
◇主 管  島根県合唱連盟

◇プログラム
 《全地よ、主に向かって喜びの叫びをあげよ》 オルランドゥス・ラッスス
 《ヤコブの神に向かって喜びの叫びをあげよ》 アレッサンドロ・スカルラッティ
 《夕べの歌 (『3つの宗教歌』から)》 ヨーゼフ・ガブリエル・ラインベルガー
 《太陽よ、行かないで》 ヴィタウタス・ミシュキニス
 《おお、救い主なるいけにえよ》 ヴィタウタス・ミシュキニス
 《静かな沈黙が》 ヴィタウタス・ミシュキニス
 《新しい歌を主に向かって歌え》 ヴィタウタス・ミシュキニス
 《新しい歌を主に向かって歌え》 ヴァツロヴァス・アウグスティナス
 《川の向こう岸に》 ヴァツロヴァス・アウグスティナス
 《おお、救い主なるいけにえよ》 エーリクス・エセンヴァルズ
 《満天の星》 エーリクス・エセンヴァルズ
 《ひっそりと静かに》 ヴァツロヴァス・アウグスティナス
 《眠り》 エリック・ウィテカー
  
*演奏曲目は変更となる場合があります。

指揮者紹介

ヴィタウタス・ミシュキニス Vytautas Miškinis
 作曲家・合唱指揮者・教育者 リトアニア音楽演劇アカデミーの合唱指揮者、Ąžuoliukasユースクワイアの芸術監督を長年にわたって務めている。(Ąžuoliukas=「小さなカシの木」の意)  また、カナウス郡合唱団と声楽アンサンブルミュゼアム・ムジクムを指揮し、数々の国内外のコンクールで優秀な成績を収めた。現在、オール・リトアニア合唱フェスティバルの芸術監督・主席指揮者も務めている。 700曲を超す宗教曲と世俗曲を作曲・録音。米国・ルイビル大学合唱団、ゴールデンゲート男声合唱団のために手掛けた作品は、米国、ヨーロッパのほか日本でも好評を博している。

お問い合わせ

一般社団法人 全日本合唱連盟 「JCAユースクワイア係」
〒104-8011 東京都中央区築地5−3−2 朝日新聞東京本社内
TEL 03-5540-7813(平日10:00〜18:00)
FAX 03-3544-1964
E-mail: event@jcanet.or.jp